研究者や活動グループを支援する

一般財団法人 竹村和子フェミニズム基金

応 募 要 項(2016年度)

助成金適用範囲

フェミニズム/ジェンダー研究、または女性のエンパワメントや女性へのサポートの視点で実施される活動に資する研究・調査に対して、助成金を提供します。(※1)

例えば、調査研究、資料・図書の購入および収集、海外発表(※2)、出版(※3)、国際シンポジウム・研究会・研修会等の開催(※4)にかかる費用などです。

※1 ただし同一のテーマ(事業)で他団体から研究助成、フェローシップ等の助成金を同時受給していないことが条件です。

※2 海外発表での応募については、発表申請中および申請予定での応募が可能です。ただし、発表を取りやめた場合、あるいは発表が不可能になった場合は、当基金審査委員会で助成が決定されても、助成金は提供されません。

※3 出版に対する助成は、出版費用の一部とします。また、出版を目的とした既発表の論文の翻訳に係る費用も助成対象となります。

※4 国際シンポジウム・研究会・研修会の開催での応募については、海外からの招聘に関する費用のみを対象とします。

助成事業実施時期

・助成金を得て申請事業を実施する期間は、7月1日から翌年6月30日までとします。

・ただし、翌年7月1日から7月31日に予定される事業で申請する場合は、申請時にその旨を明記してください。審査委員会での承認を経て、7月31日までを期日として事業期間の延長が認められます。

応募者の資格、要件

・自らの研究を通してジェンダー平等・ジェンダー正義の達成を志したいと思う個人、または団体。

・年齢、性別、国籍は問いませんが、応募用紙の記入および事務連絡等を日本語で対応できることが要件になります。

・海外在住者からの申請も受け付けますが、以下の①〜③の条件をすべて満たしている場合に限ります。
① 応募用紙の記入および事務連絡等に日本語で対応できること。
② 応募書類が、締切日までに必着すること(消印有効は国内から発送する場合のみ)。
③ 採択された場合の助成金の振込先が日本国内の金融機関であること。

・今回の募集の前年度に本基金に採択されたテーマで、2年目の研究助成を希望する方。
(※ 前年度に採択された課題と同一の課題であり、また、応募者も採択時と同一であること)。

・これまでに採択されたことがある方が異なるテーマで再び応募することは妨げませんが、本基金では、できるだけ多くの個人や団体の活動に助成の機会を配分することを基本方針としておりますので、採択の優先順位は下がる場合もあります。

助成金額

・年間総額3,100,000円を上限として、年数件を予定しています。

・1件当たり申請上限額500,000円です。(審査会の審議によって最終決定される助成金額が申請金額の満額とは限りませんのでご了承ください。)

・2年までの継続応募が可能です。ただし、採択されたテーマと同一のテーマを同一の個人(またはグループ)が実施する場合に限ります。

審査方法

・書類による審査を経て助成対象者・団体を決定します。

・審査に必要な提出書類

応募用紙 1通 (本ウェブサイトよりダウンロードしてください。)

成果報告

・助成対象者には、助成期間終了後、所定の書式の成果報告書と収支報告書を提出していただきます。(※1)(※2)(※3)

・竹村基金として、事業報告書を作成します。

※1 報告書類の提出期限は助成期間終了後の1ヶ月以内とします。期限内に提出がない助成対象課題については応募要項の「助成金適応範囲」に定める規程により、助成金は返還していただきます。

※2 研究発表の証として学会スケジュールのコピーを提出してもかまいません。

※3 助成金の返還方法など、その他、成果報告に関してご不明な点がありましたら、本基金事務局までお問い合わせください。

応募用紙について

添付の応募用紙と応募用紙の記入方法をダウンロードして使用してください。

個人用 二人以上のグループ用
応募用紙 PDF  Word  PDF  Word
応募用紙の記入方法 PDF PDF

【二人以上のグループ用】と【個人用】に分かれています。
二人以上のグループや団体で応募する場合に、【二人以上のグループ用】をお使いください。(※)
(団体での応募の場合には、【二人以上のグループ用】をお使いください。)

※ 少人数での共同研究の場合、個人と団体どちらのカテゴリーで応募するかは応募者ご自身でご判断ください。

応募用紙送付先および募集期間について

1 募集期間

2016年 4月 1日~ 5月 20日(金)

2 提出締切日

2016年 5月 20日(金) 当日消印有効
※ メール便による発送も郵便局から発送された書類と同じ要領で受理します。
※ 締切日以降に応募書類に資料等の追加はできませんのでご注意ください。

3 応募用紙の郵送先および本件に関する問い合わせ先

〒112-8610
  東京都文京区大塚2-1-1 お茶の水女子大学 理学部3号館204
     お茶の水学術事業会「竹村和子フェミニズム基金」係
           TEL & FAX: 03-5976-1478
           Email: t-fund@npo-ochanomizu.org

4 応募用紙は上記事業会へ直接ご持参くださるか、必ず郵便または宅配便にてお送りください(メールやFAXでは受け付けできません)

5 提出書類は、原則として返却しません。